頑張りすぎない暮らしのヒントvol.26【換気扇の掃除】|ブログ|岡山県岡山市で戸建リノベーションするならdocchimo(ドッチモ)|コンテスト複数受賞・施工事例掲載

0120-75-5526

受付時間. 9:00~18:00 / 定休日. 毎週水曜・第二第四火曜日

リフォームブログdocchimoのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

2021.02.19

頑張りすぎない暮らしのヒントvol.26【換気扇の掃除】

暮らしのヒント

こんにちは 岡山県岡山市生まれ赤磐市育ちのdocchimo(ドッチモ)スタッフ影山です。

いつも「頑張りすぎない暮らしのヒント」をお読みくださりありがとうございます!!!

今回はタイトルを「換気扇の掃除」としましたが

キッチンの換気扇ではなくて

24時間換気用の小さな換気扇のお話です。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

 

換気扇の掃除

24時間換気

皆さまは「24時間換気」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

私は、自宅を新築する際に

工務店の方に教えていただきました。

2003年の7月以降から、

シックハウス症候群などを防ぐためにとのことで

(それだけの理由ではないですが)

原則全ての建造物に24時間換気システムが義務付けられたのです。

我が家は2015年に建てた家なので

24時間換気付けています。

こんなのが、2カ所ついていますよ。

小さいのですが、

小さいからこそ、

手が入りにくく掃除がしにくいのです・・・。

 

着脱は簡単

室内側に飛び出ている

換気扇のカバーはとても簡単に取り外すことができます。

※外す時は必ずスイッチを切ってくださいね!!!危ないから。

カバーを外すと、本体はこんな感じです↓

この本体も外したいと思い

ビス(ねじ)を取ってみたのですが

上手く取り外せなかったので諦めました。

壊したらまずいので(苦笑)

 

フローリングワイパーのシート

取り外したカバーにも、

本体にも、大量の埃がびっしりと付いているので

色んな道具を駆使して掃除します

大前提は

乾いた汚れは乾いたもので取る!

換気扇についた埃は乾いているので

乾いたフローリングワイパーのシートで取り除いていきます

手が届くところは自分の手でグリグリと。

奥の方は、長い物にシートを巻き付けて

(これはクイックルハンディーの柄の部分)

ガシガシ拭いていきます

 

仕上げは水拭き

おおよその埃が取り除けたら

雑巾などで水拭きをします

真っ黒に汚れるので

雑巾ではなく、

古くなったタオルを割いて作った

ウエスなどを使い

そのままゴミ箱にポイと捨てることをおすすめします。

 

埃を防ぐために

部屋の換気扇というものは

埃が溜まるのは常ですが

なんとか埃を防いで

掃除を楽にしたい!!!

ですが、我が家の換気扇は

※画像はお借りしました。

↑このようなフィルターを貼るには難しい形状のため

どうしたものかと悩んだ結果

目は粗いですが、

家にあった排水口ネットを使ってみることにしました。

↑ストッキング状というのでしょうか?

こういう排水口ネットです。

このままでは使えないので

先っぽをハサミで切ります!

ちょっと片手では上手いこと撮影できないですが

輪っかになりました。

↑こんな風に被せてみました

これで多少は埃を防げるかも???

 

もし、皆さまのお家の換気扇が

影山家と同じタイプであれば

ぜひ真似してみてくださいね^^

 

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました(∩´∀`)∩

 

岡山の気候や生活スタイルに合わせて、二世帯・実家・増築・耐震・断熱・収納など性能向上やデザインリノベーションなど、親切丁寧な女性スタッフと建築士、専門スタッフがお客様の家をトータルコーディネート☆

岡山県岡山市でリフォーム&リノベーションをお考えの方は、docchimo(ドッチモ)におまかせ

岡山のリノベーションモデルハウス