頑張りすぎない暮らしのヒントvol.21【古着deワクチン】|ブログ|岡山県岡山市で戸建てリノベーションするならdocchimo(ドッチモ)|実家二世帯リフォーム・増築・減築もお任せください

0120-75-5526

受付時間. 9:00~18:00 / 定休日. 毎週水曜・第二第四火曜日

リフォームブログdocchimoのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

2021.01.15

頑張りすぎない暮らしのヒントvol.21【古着deワクチン】

暮らしのヒント

こんにちは 岡山県岡山市生まれ赤磐市育ちのdocchimo(ドッチモ)スタッフ影山です。

いつも「頑張りすぎない暮らしのヒント」をお読みくださりありがとうございます(人”▽`)アリガトウ♡

ステイホームの年末年始、皆さまはいかがお過ごしでしたか?

影山家では、

年末は大掃除。

年始は洋服の整理をしました。

今回は、その洋服の整理に役立つ内容になっておりますので

ぜひ最後までお付き合いくださいませ♪

 

古着deワクチン

洋服の整理

コロナでステイホームな長期休暇は、家の片づけをする絶好の機会ですね。

年始にはのんびりしつつも、洋服の整理をすることにしました。

洋服の整理の手順は

①人別に分ける

②カテゴリー別に分ける

③カテゴリーごとに要・不要を判断していく

という流れです。

 

洋服の収納に役立つ ハンガーの選び方についてのブログはこちら 

トップス編⇒ https://docchimo.com/blog/4964/

ボトムス編⇒ https://docchimo.com/blog/5107/

 

整理の手順やポイントなどは、また後日詳しくご紹介しますね。

さて、いっきに要・不要に振り分けて、

問題はその後です。

必要だと判断した洋服は、クローゼットに戻していきますが

不要だと判断した洋服は、、、?

 

洋服の処分

穴が開いていたり、著しく変色していたり

明らかに着ることのできない洋服は、捨てましょう。

お裁縫が得意な方は、使える部分だけ再利用して

リメイクするのもいいですね!

(NHKで放送している「ソーイングビー」にハマっています。)←私はお裁縫ができません。見るだけ(笑)

まだ着れる洋服は、

①売る(メルカリや、リサイクルショップへの持ち込み)

②譲る(必ず、誰に譲るかまで明確にしておきましょう。「誰かに」はダメですよー)

③寄付する

などの方法で処分するといいです^^

 

古着を寄付する

今回、私は③寄付するを選択してみました。

「古着 寄付」などと検索してみると、

たくさんのNPO法人やボランティアグループのホームページが出てきます。

洋服をそのまま海外に送って、実際にその服を子供たちに着てもらうものから

回収した古着を売り、そのお金でワクチンを寄付するものなど

内容も様々です。

料金に関しても

無料回収のものから、お金がかかるものまで色々ありますので、

ご自身の納得されるものをぜひ選んでみてくださいね!

私は、「古着deワクチン」というサイトを利用してみることにしました。

 

古着deワクチン やってみた

検索した古着deワクチンのホームページから

「今すぐ申し込む」をポチっとして

専用の回収キットを購入します。

料金は税込みで3,300円で、送料は無料です。

この購入費用3,300円で5人分のワクチンが寄付されるそうですよ。

すると

結構すぐに、自宅のポストに回収キットが届きました。

箱の中身はなんじゃろな・・・

中には、説明文や送り状と、古着を入れる袋が入っていました。

袋はとても大きく、洋服を詰めると20㎏以上になるようで

説明文にも、重くて運べなくなるから玄関で詰めた方がいいよと書いてありました。

なので、私も玄関で詰めていきます。

↑後ろのミカンが気になるパグw

古着deワクチンは、洋服以外にも

バッグや靴や、マフラーとかネクタイ、帽子、アクセサリーなのも送ることができます。

洋服も、名前入りでも大丈夫ですし

妊婦帯とかも送れます。

ただし、下着類やパジャマ、ぬいぐるみなどは送れないようです。

ホームページにはもっと詳しく書いてありましたので、

事前にチェックしておくと安心だと思います。

 

楽しくなる仕組み

袋がとても大きくて、かなりの量の洋服が入ります。

枚数までは数えませんでしたが、かなりの量です。←すみません(汗)

実は、以前クローゼットの整理をした際に、リサイクルショップに持って行こうと思い

とっておいた洋服が紙袋2つ分あって、

なかなかリサイクルショップまで持って行くのが億劫で ←どんだけズボラなん・・・(汗)

そのまま寝室に置きっぱなしになっていたのです。

その洋服ももちろん詰めて、さらに今回新たに整理した洋服も詰めて、

それでもまだ余裕がありました。

まだ入るのに、封をしてしまうのがもったいないような気持になり

要・不要の振り分けの際に迷っていた洋服も

えーい、入れてしまえーーー!!!

っと、迷いを振り切るきっかけとなりました。

どんどん入れていくと、だんだん楽しくなっていきました。

物を手放すことは、結構しんどいことです。

「まだ使える」「使い切っていない」「またいつか着るかも」「高かった」など

罪悪感執着心不安感から、なかなか処分できないのが常ですが

この古着deワクチンは、専用の回収キットの袋に洋服を詰めていくカタチなので

「袋をいっぱいにしたい」という欲求が沸き起こります。

そのため、迷いを断ち切りやすく、楽しく物を手放すことができると感じました。

特に単純な私は、とっても楽しかったです(笑)

袋も無事、いっぱいになり、大満足で封をしました。

↑主張強めのパグと記念撮影w

送り状を記入して、佐川急便に集荷依頼の電話をします。

そうしたら、佐川のお兄さんが荷物を取りに来てくれるので簡単です。

わざわざ持って行かなくていいというのが、とてもありがたい!

実際、めちゃくちゃ重たくて運ぶことはできませんでした。

玄関で詰めて、ほんと正解!

佐川のお兄さんはそれを軽々持って行ってくれるから、頼もしい限りです。

 

利用してみての感想

初めての利用でしたが、文句なしにとっても良かったです!!!

大満足(☆∀☆)

良かったこと

①自宅で全て完結

 注文もスマホで簡単にでき、荷物も家まで取りに来てもらえます

②楽しく処分

 迷いを断ち切りやすく、手放すことがラクにできるので気持ちが良いです

③人の役に立てる

 何といっても、これでワクチンが寄付出来て、救える命が増えるということが嬉しいです

実家の母にも紹介したいなと思いました。

強いて言うなら、袋が本当に大きいので

ある程度の量の洋服を送る予定がなければ利用しにくいかな

っということが難点ですかね。

まとめて処分したい場合にはピッタリですよ!

 

洋服の整理をしたいなと思われている方は、ぜひお試しあれ!です♪

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました( *´艸`)

 

岡山の気候や生活スタイルに合わせて、二世帯・実家・増築・耐震・断熱・収納など性能向上やデザインリノベーションなど、親切丁寧な女性スタッフと建築士、専門スタッフがお客様の家をトータルコーディネート☆

岡山県岡山市でリフォーム&リノベーションをお考えの方は、docchimo(ドッチモ)におまかせ

岡山のリノベーションモデルハウス