頑張りすぎない暮らしのヒントvol.17【トイレ収納】|ブログ|岡山県岡山市で戸建てリノベーションするならdocchimo(ドッチモ)|実家二世帯リフォーム・増築・減築もお任せください

0120-75-5526

受付時間. 9:00~18:00 / 定休日. 毎週水曜・第二第四火曜日

リフォームブログdocchimoのスタッフがリノベーションのお役立ち情報をお届けします

2020.12.11

頑張りすぎない暮らしのヒントvol.17【トイレ収納】

暮らしのヒント

こんにちは 岡山県岡山市生まれ赤磐市育ちのdocchimo(ドッチモ)スタッフ影山です。

いつも「頑張りすぎない暮らしのヒント」をお読みくださりありがとうございます♪

来週からまたグッと気温が下がるようですね。

影山家のトイレは極寒なので、つらい季節です・・・。

ヒートショックには充分気を付けたいと思います。

寒い影山家のトイレですが、収納にはとても満足しています。

今回はそんなトイレの収納についてご紹介しますね!

ぜひ最後までお付き合いくださいませー♪

 

トイレ収納

広々0.75坪トイレ

我が家のトイレは、ゆったりサイズです。

標準的なトイレの広さは、0.5坪ほどでしょうか。

つまり、畳1枚分くらいの広さですね。

リノベーションのお問い合わせをいただくお客様のお家だと、

0.38坪くらいとかなりコンパクトなサイズのトイレも珍しくはありません。

我が家は、トイレにしっかり収納を設けたかったので、0.75坪

つまり、畳1.5枚分の広さにしました。

本当は、オシャレに造作でカウンターや収納棚を造ってもらいたかったのですが

当時工務店さんから提示された造作金額が、めちゃくちゃ高かったので

あきらめて

小さめの手洗い器のみを壁に設置してもらっています。

 

収納家具を配置

造作が高すぎるなら、家具を置いてしまえ!

と思いつき、サイズやデザインを色々検討しながら

通常はリビングなどに置くであろうチェストをトイレ用に購入しました。

確か、5万円くらいだったと記憶しています。

扉の無いタイプで、棚はダボで高さが変えられるようになっています。

下には引き出しが2つ。

脚がついているので、奥まで床の埃も掃除することができます。

目隠しに取り付けた布は

実は、以前住んでいたアパートで使用していたレースのカーテンです。

切って再利用しました。

生地を変えたいと思いつつ、はや6年??? 笑っ

 

収納家具の中

中はこんな感じです。

全然工夫とかないです(苦笑)

下の段には、

掃除用の洗剤、消臭スプレー、洗剤のストック、生理用品のストックです。

上の段には、開封済みの生理用品。

カゴに入れているだけ(笑)

右側は、トイレットペーパーを入れています。

トイレットペーパーを袋のままズドンと収めたかったので、サイズにはこだわりました。

が、当時は通常タイプのトイレットペーパーを使用していたので問題なかったのですが

今は、2倍巻きロールのトイレットペーパーを使用しているので

2袋だとかなりキュウキュウです・・・。

押し込めば入るので良いのですけどね。ははは。

左の引き出しには、お掃除シート。

右の引き出しには、エチケット袋。

このトイレ収納は、隠す収納であることと

生理用品は私しか使わないため、

私だけが管理できれば良いものなので

あれこれ考えずに放り込み式収納にしています。

一番のポイントは

トイレットペーパーを袋のままズドンと収納できること♪

とってもラクです(☆∀☆)←ズボラ全開w

 

隙間にこっそり

実は、この家具と壁との間にある隙間に

こっそりとあるものを隠しています。

それは・・・

ハンディーモップです!

私の、トイレ掃除のこだわりポイントは

便座のフタなどの埃を先にハンディーモップでキレイにすること。

洗面所と同様

トイレも服を脱いだり履いたりする場所なので

とても埃が発生しやすい場所です。

毎日掃除をしていても、

フタの上の乾いた埃を

ウェットタイプのお掃除シートで拭くと

表面にへばりつき上手く取り除くことができません。

なので、乾いた埃は乾いたモップで取る!

その後に、お掃除シートで拭けばキレイさっぱりです♪

家具の上や、雑貨の上にも埃がすぐに溜まるので

こまめにモップで掃除ができるように

近くにあると、掃除が億劫になりにくいですね。

 

トイレットペーパーを袋から出して、キレイに並べて収納したい方

私のように袋のままズドンと収納したい方

どちらも間違いではなく、どちらも正解!

自分にとって、家族にとって

どんな方法での収納が気持ちが良いか(心地よいか)

が大切なのです。

ちょっとしたことですが、こんな日々の暮らしのことを考えて

心地よく過ごすためにはどんな収納にすべきか

丁寧に考えてみると

自分らしい暮らしが見えてきますね。

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました(∩´∀`)∩

 

岡山の気候や生活スタイルに合わせて、二世帯・実家・増築・耐震・断熱・収納など性能向上やデザインリノベーションなど、親切丁寧な女性スタッフと建築士、専門スタッフがお客様の家をトータルコーディネート☆

岡山県岡山市でリフォーム&リノベーションをお考えの方は、docchimo(ドッチモ)におまかせ

岡山のリノベーションモデルハウス